多汗症は足の場合もあります

足の裏に沢山の汗をかく人は足の裏に異常に汗をかいてしまうタイプの多汗症かも知れませんね。

足の裏に大量の汗をかくため、革靴を履かなければならないサラリーマンやビジネスマン等は、靴の中がとても蒸れた状態になってしまいます。

雑菌などの匂いの元になる菌類が繁殖しやすく、周囲に分かるほどの不快な臭いを発します。

緊張したり、ストレスを感じているときに症状が強く出ますが、そういった事とは無関係に、常に汗をかいてしまう重い症状の人もいます。

足の裏に大量の汗をかいたり、緊張やストレスで症状が強く出る、緊張などとは無関係に常に汗が出る、などの人は要注意です。

靴や靴下を脱ぐと強烈な臭いが発生したり、汗で靴下が濡れていると、他人の家に上がるのに抵抗がある。

気軽に足裏の汗をタオルで拭いたり洗ったりできない。

また、水虫になってしまう、水虫になると、さらなる悪臭、かゆみがでてきてしまう。
水虫=汚い、というイメージがあり、人前で裸足になれない。

靴の中が非常に蒸れた状態になる。
靴の中に雑菌などが繁殖して不快な匂いを発する。
サンダルを履くと足裏が滑ってうまく歩けない。

こういった多くの悩みを抱える人が多いです。


足蹠(足の裏)多汗症対策法にはミョウバンや塩化アルミニウムも効果がありますが、昼間は靴や靴下を履くという方はそれほど大きな違いを感じられないかもしれません。

それよりも、水虫にならないような対策が必要になるでしょう。水虫にならないためには、家に帰ってきたら洗って清潔にする、そして家にいる時には裸足でいる、という対策が必要です。


足の裏は他の部分よりも汗腺が集中している部位です。
多くの人は毎日靴下や靴を履いているので、手のひらよりも多く汗をかいてしまう傾向にあります。

・ミョウバン
・塩化アルミニウム水溶液
・デオドラントタイプの制汗剤
・ベビーパウダー

こういったものが症状改善に使われたりしますが効果は人によってまちまちです。
合う、合わないの問題、体質は個々に違いますので自分に合った対策を見つける事も大切です。